お知らせ 【重要なお知らせ】iOSアプリの運用および提供を2024年6月3日(月)を以て終了いたします。詳細は お知らせをご覧ください。

お知らせ connpassではさらなる価値のあるデータを提供するため、イベントサーチAPIの提供方法の見直しを決定しました。2024年5月23日(木)より 「企業・法人」「コミュニティ及び個人」向けの2プランを提供開始いたします。ご利用にあたっては利用申請及び審査がございます。詳細はヘルプページをご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Dec

20

コンテナ共創センター勉強会 #27

Organizing : コンテナ共創センター

コンテナ共創センター勉強会 #27
Hashtag :#コンテナ共創
Registration info

WebEx(オンライン)

Free

FCFS
65/100

Attendees
kazz_bekky
hide-gohda
tomonekton
hitoh
ENOMOTOQ
kimuraken
brush
n_funahashi
harunaegawa
ShoYuasa
View Attendee List
Start Date
2023/12/20(Wed) 18:00 ~ 19:00
Registration Period

2023/11/22(Wed) 11:25 〜
2023/12/20(Wed) 19:00まで

Location

オンライン

参加者への情報
(参加者と発表者のみに公開されます)
出席登録
(イベント開始時間の2時間前から終了時間まで、参加者のみに公開されます)

Description

コンテナ共創センター勉強会とは?

コンテナ共創センターに関わる方々を盛り上げる活性化のためのコミュニティです。 これからコンテナを利用する方や既存のアプリをコンテナ化したい方向けに以下のような内容をお届けしていきます。

詳細はこちら → https://5cm.connpass.com/

今月のテーマ : 可観測性 | オブザーバビリティー +

2023年最後のコンテナ共創センターのテーマは「可観測性」です。一口に可観測性といっても、CNCFのCloud Native Trail Mapをみると多様な技術領域が定義されています。今回は システムを監視するだけでなく、少し裾野を広げて「可観測性+」として、システムを監視して、その次のアクションにつなげるテクノロジーを取り上げたいと思います。

アジェンダ

時間              内容                                                                                  スピーカー  
18:00-18:05 オープニング                   
18:05-18:30 コンテナ環境のリソースの最適化、もっと楽しませんか?   日本アイ・ビー・エム株式会社 中島洋平
18:30-18:55 可観測性のその先に、クラウドネイティブセキュリティ最前線 Sysdig Japan合同会社 Mac Kawabata  
18:55-18:58 ミニコーナー CKA部活動報告 日本アイ・ビー・エム株式会社 中山 文恵 
18:58-19:00 クロージング    調整中

セッション1 : コンテナ環境のリソースの最適化、もっと楽しませんか?

コンテナ環境では、柔軟かつ動的なアプリケーションの開発が可能ですが、一方で、インフラ管理者から見ると、求められるコンピューティングリソースの変化が大きい”面倒な”環境かもしれません。このセッションでは、k8sのリソース不足が発生した際の自己回復(Self-Healing)の動きを踏まえ、そこから一歩進んだプロアクティブな自己最適化(Self-Optimizing)の姿をご紹介します。 また、IBMとしても昨今取り組みを強化しているFinOpsへのお役立ちポイントについても触れさせて頂きます。

中島洋平 日本アイ・ビー・エム株式会社 IBM Turbonomic テクニカルセールス

プロフィール:2022年より現職。これまで20年以上に渡り、ミッションクリティカルなインフラ回りの管理ソフトウェアを中心に、ソリューション提案~トレーニング~トラブルシューティングまで、製品活用に関わる様々なシーンに携わってきました。現在はTurbonomicによるITリソースの自動最適化の有用性を広めるべく、日々活動しております

セッション2 : 可観測性のその先に、クラウドネイティブセキュリティ最前線

クラウドネイティブ環境で可観測性を如何に改善するか日々悩まれている方も多いんじゃないでしょうか? 実はインターネットの黎明期から、可観測性とセキュリティの間には密接な関係が有ります。 クラウドネイティブセキュリティはある意味究極の可観測性とも言え、それが今なかなか大変な事になっています。 何が大変か? 本セッション参加の方だけにその最前線の攻防をお見せします。

Mac Kawabata Sysdig Japan合同会社 Senior Director

プロフィール:2021年12月より、クラウドネイティブ技術を活用したインフラへのセキュリティとモニタリングを提供するSysdigに、パートナーとアライアンス担当の国内責任者として入社し、日本のお客様が安心してクラウドネイティブ技術を活用できるようにするために、日々奔走している。元々は機械設計のエンジニアで、20代でIT業界へ鞍替えし、そこからプログラミング、ネットワーク、ストレージ、セキュリティ、仮想化インフラと言ったインフラに関するエンジニア職を主に外資系会社で担当し、複数のスタートアップ企業の立ち上げも経験。直近はAWSにてストレージスペシャリストとして活躍。常に一歩先のテクノロジーを見て活動するよう心がけている。兵庫県尼崎市出身の関西人で、死ぬ前に食べたい物は”餃子の王将”の餃子。

ミニ・コーナー : CKA部 活動報告

中山 文恵 日本アイ・ビー・エム株式会社

イベント概要

対象

  • コンテナやKubernetesを今から学び始めようという方
  • コンテナやKubernetesの動向に関心がある方
  • 他社でのクラウド・ネイティブの活用に興味がある方

参加条件

  • 参加条件: コンテナ共創センターに参加されていない方でもOK
  • 参加費: 無料

参加方法

Webex

イベント開催の2日前になりましたら、当ページの「参加者への情報」欄にセミナー参加者用の招待URLを表示しますので、そちらをクリックしてご参加ください。「参加者への情報」はイベントに申し込みいただいた方のみ表示されます。)

行動規範

参加者に対して、妨害と見られる言動や行動(人材紹介、転職、宗教など、当イベントとは関係のない勧誘を含む)、および一般的に法律に触れる行動については、固くお断りいたします。

Media View all Media

If you add event media, up to 3 items will be shown here.

Feed

KotaSato

KotaSato published コンテナ共創センター勉強会 #27.

11/22/2023 11:25

コンテナ共創センター勉強会 #27 has been published!

Ended

2023/12/20(Wed)

18:00
19:00

Registration Period
2023/11/22(Wed) 11:25 〜
2023/12/20(Wed) 19:00

Location

オンライン

オンライン

Attendees(65)

kazz_bekky

kazz_bekky

コンテナ共創センター勉強会 #27 に参加を申し込みました!

hide-gohda

hide-gohda

コンテナ共創センター勉強会 #27 に参加を申し込みました!

tomonekton

tomonekton

コンテナ共創センター勉強会 #27 に参加を申し込みました!

hitoh

hitoh

コンテナ共創センター勉強会 #27 に参加を申し込みました!

ENOMOTOQ

ENOMOTOQ

コンテナ共創センター勉強会 #27 に参加を申し込みました!

kimuraken

kimuraken

コンテナ共創センター勉強会 #27 に参加を申し込みました!

brush

brush

コンテナ共創センター勉強会 #27 に参加を申し込みました!

n_funahashi

n_funahashi

コンテナ共創センター勉強会 #27 に参加を申し込みました!

harunaegawa

harunaegawa

コンテナ共創センター勉強会 #27 に参加を申し込みました!

ShoYuasa

ShoYuasa

コンテナ共創センター勉強会 #27 に参加を申し込みました!

Attendees (65)

Canceled (2)